今日も一日 微笑みを絶やさないために・・・心に笑顔を持とう
おはようございます
今朝も「いつでも降れますよ」というような空模様で、
週の初めの朝ですが「すっきり」とはしません。

しかし、

いきどおりながら
うつくしいわたしであろう
哭きながら 哭きながら
うつくしいわたしであろうよ

八木重吉の詩でうたわれている これこそが「心に笑顔」です

そして、渡辺和子 先生は

「私のほほえみは、
”神様のポケット”に 入ったのだ」
と考える

とおっしゃっています。
さあ元気を出して今日も楽しい一日を!!

1347916288492.jpg

| 06:33 | 名言 | comments(0) | - |
 雷の 音にも負けず よく眠り 来る秋の朝に 感謝するわれ
おはようございます
昨夜の雷の攻撃にも負けず、
しっかりと睡眠を取り、のんびりと休日の朝を迎え
来る秋を楽しむことに感謝しています。

自分の花
小さい花で いいのだ、
人にほめられるような 大きな 美しい 花ではなく、
だれからも 足をとめて 見られなくても いい、
本当の 自分自身の花を 咲かせたら いい のだ、
それを 神さま仏さまに 見てもらえば いい のだ。
         坂村真民一日一言より


1347658412921.jpg

1347657602332.jpg

| 06:47 | 名言 | comments(0) | - |
 おはようございます。湿度高き週末の朝 今日も元気に 頑張るぞ!!
悟りとは   
自分の花を
咲かせることだ
どんな小さい
花でもいい
誰のものでもない
独自の花を
咲かせることだ

坂村真民一日一言より

1347571778686.jpg

| 06:38 | 名言 | comments(0) | - |
 秋らしい気持ちのよい朝を「美しく生きる」・・・おはようございます
美しく生きるとは  一筋に生きることだ
一筋に生きるとは  自分を生かす一つのことに 一心不乱になることだ
一心不乱とは  神意にただ従うことだ
フラフラするな  グラグラするな ウコサベンとするな

                坂村真民詩集より

注:右顧左眄(うこさべん)右か左か決めかねて迷うように、
  人の思惑などまわりのことばかり気にして
  決断をためらうこと。

1347484727586.jpg

| 06:30 | 名言 | comments(0) | - |
 笑顔は人生の宝物
今日は久しぶりに良く晴れて気持ちのよい朝です。

こんな時は一日中笑顔で過ごしたいものです。
いやきっと一日中笑顔で楽しく過ごせるでしょう。

人間は、お母さんのおなかの中にいる時からお父さんやお母さんの声を聞いて反応し、
笑顔で答えているそうです。

そして生まれてからも、赤ちゃんはいつもニコニコ笑顔で何やら話しかけているではないですか。

其のおかげで赤ちゃんを見る大人達は皆笑顔に溢れ、周りの人はみんな楽しくなります。

なのに、大人になると全く笑顔を忘れてしまい不機嫌な顔をして一日中仕事に終われ疲れ果てている。

そんな人も今日は出来るだけ笑顔で過ごしてみましょう。

そうすればきっと疲れを感じないで、来る秋を楽しく過ごせると思います。

1347397599399.jpg

最高の笑顔で一日を楽しくすごしましょう。

| 06:22 | 名言 | comments(0) | - |
 徳川家康の家訓
おはようございます
先週は伊達政宗の教えを披露しましたが、
新しき週の初めの今日は、
徳川家康の家訓を紹介します。

人の一生は重荷を負ふて遠き道を行くが如し。
急ぐべからず。不自由を常と思へば不足なし。
心に臨おこらば困窮したる時を思ひ出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思へ。
勝つ事ばかり知りて、負くるを知らざれば害其の身に到る。
己を責めて人を責むるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。


厳しい時代だからこそ『徳川家康の家訓』に習い、
何事もじっくりと行動することが大切なのでしょう。

さあ、今週は今日の言葉を実践出来るよう急がず慌てず物事に当たっていきましょう。

1347226037011.jpg

| 06:47 | 名言 | comments(0) | - |
 伊達家の家訓
気長く心穏やかにして、
万に倹約を用て金銭を備ふべし。
倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり、
此の世に客に来たと思へば何の苦もなし。
朝夕の食事うまからずとも褒めて食ふべし、
元来客の身なれば好き嫌いは申されまじ。
今日の行をおくり、
子孫兄弟によく挨拶をして、
娑婆の御暇申すがよし。


此の世に客に来たのならのんびりと休日を過ごし、
自分の周りをしっかりと見つめ直す時間を作り、
新たな生き甲斐を見つけ、
人生を楽しむ工夫をすることも必要ですね。

1347055173934.jpg


| 07:13 | 名言 | comments(0) | - |
 「過ぎたるは 及ばざるなり ほどほどに」・・・伊達政宗の教えより 
おはようございます
今朝は、何故かしら「伊達政宗の教え」を思い出しました。

『仁』過ぎれば 弱くなる
『義』過ぎれば 固くなる
『礼』過ぎれば 諂いとなる(へつらい)
『智』過ぎれば 嘘をつく
『信』過ぎれば 損をする


『仁』とは思いやり
『義』とは正しい道
『礼』とは礼節、人の道
『智』とは「物知り」「講釈」
『信』とは「まこと」「まごころ」
『仁』『義』『礼』『智』『信』はすべて大切ですが、
 過ぎたるは及ばざるが如し。程々が良いと言うこと。

1346965949100.jpg

 過ぎるほどのことをしていない私ですが、楽しく毎日を過ごす為にも
 心しておかなければならない言葉と思います。


| 06:23 | 名言 | comments(0) | - |
 今日の一言「待っているだけでは何も変わらない」
幸せになりたいなら、

幸せになる為の方法を実行していかなければならない。

何もしなければ、今の状態が続くだけだ!

今の状態が続くだけなら、まだいい方で、

今後どんどん悪くなることも考えられる。

だから、自分に今出来ることを、何でも良いから実行することです。

例えば、

  笑顔で応対
  感謝の言葉を口から発する
  
これがきっかけとなり、

一つがかわれば、どんどんいろんなものが

連鎖的に変化が起こって

いつの間にか自然に幸せになるための行動が出来るようになり

どんどん幸せになる自分ができて、周りも幸せになる。

そんな行動をみんなで、今すぐ!! 実行しましょう。

1346719684093.jpg



| 09:19 | 名言 | comments(0) | - |
 一人はみんなのために、みんなは一人のために
 会社を愛する気持ちや、皆で一緒にやろうと言う気持ちは、昔の日本人だけでなく欧米人も含めて万国共通の感情です。
 自分の為ではなく皆の為に何かを一緒にやるということは、人間にとって根本的にうれしい感覚であり、力が出てきます。また、その裏返しで、皆が自分のために何かをしてくれると言うことも、非常にうれしく、力が出るものでしょう。 だからこそ、チームプレーの場合は、個々人以上の力がチーム全体を動かしているのだと思います。
 まさに、「一人は皆の為に、皆は一人の為に」力を出し尽くすからこそ、成功するのです。


| 06:01 | 名言 | comments(0) | - |
| RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.